川原 周剛 監督の紹介

「Jリーガーの肩書きがなくなった自分には、いったい何が残るのだろうか」

 

これが、僕がこのHAJAXSで皆さんと成長したいと思ったきっかけでした。

 

プロになる最後のチャンスであり、もしプロになれなかったらサッカーを辞めようと決意して入団したファジアーノ岡山を地域リーグからJFL、そして今のJ2まで昇格できた時の感動は今でも忘れることはできません。

そして、大勢の方に応援して頂き、【Mr.ファジアーノ】と恐れ多いあだ名までつけてもらい、選手として、指導者として育てて頂いたことに感謝しかありません。

僕の人生は常にサッカーと共にありました。

もしサッカーがなければ、もともと人付き合いが得意でなかった僕は人生で大きくつまづいていたと思います。

 

就職先も、待遇や給与ではなく「サッカーができる環境であるかどうか」で選択していたくらい、僕の人生の中でサッカーは重要でした。

 

ですが、選手を引退し、指導者として活動を続ける中で、僕がずっとファジアーノにいることで、皆が気を使うようになりました。

そして、U-18のアシスタントコーチとして配置された時には、選手たちが混乱しないようにすることを第一に考え、自分を抑えることばかりを意識し、いつしか僕が一番指導の中で大切にしたいと思っていた「その人らしさ」が、自分から失われていくように感じました。

 

今では、それが自分の人生を見つめ直すきっかけになったため感謝していますが、当時は自分の存在意義について不安を感じずにはいられませんでした。

 

そこからずっと

「Jリーガーである肩書きがなくなったただの川原周剛に何が残るのか」

を考え続けていました。

その時に、ふと思い出したことがあります。


それは、練習中「お腹がすいたな」と言った中学時代の同級生に「やる気がないなら帰れ!」と怒鳴るくらい本気で取り組み、サッカーが楽しくて雨でも雪でも関係なくひたすらボールを追いかけて上手くなることだけを考えていた自分の姿です。

僕は、たとえJリーガーでなかったとしても、一生サッカーと関わっていたかった。
そして何より、僕と共に人生を歩んでくれ、たくさんの人との出会いや思い出をくれたサッカーに恩返しをするため、「サッカーを楽しむ」という気持ちの原点に戻りたい。

そう考えるようになった頃に出会ったのが、友人として付き合っていた金光コーチから紹介された花田GMでした。


様々な話をする中で、僕が「サッカーを楽しむ原点に戻りたい」と打ち明けるとGMから言われたのが、
「もし万が一、周剛がHAJAXSに来てくれるならトップチームを任せたい」
ということでした。


僕の指導風景を見たことはないなのに、なぜトップチームを任せてくれるのか今でも不思議ですが、必要とされたことがとても嬉しかったことを覚えています。

 

そして、今僕は様々な人が繋いでくれた縁のおかげでこのHAJAXSに来ることができました。
 

僕はファジアーノ時代、10番の背番号とキャプテンというポジションを頂きましたが、正直自分が一番優れているとは思ったことはありません。

 

しかし、僕の強みがあるとするならば、サッカーを好きな気持ちと「こうでなければならない」というこだわりが少ないところだと思います。

 

たとえば、ファジアーノでU-15の監督時代は、監督1年目で全国大会に行ったことがあります。

今のように、多くの選手がファジアーノを目指す時ではなく、HAJAXSや他のクラブチームの方が強い選手が多かった時でした。

僕の力だとは思いませんが、あえて監督として行ったことを思い出すと、選手が一番力を発揮できるようにすることだけを意識していたように思います。

 

また、相手チームの分析をする指導者も多くいると思いますが、相手チームは当日全く異なったメンバーや布陣で来るケースがあります。だから、僕は自分のチームの分析をすることで、選手がサッカーを楽しむことに集中することが結果につながるのではないかと考えています。

 

何よりも、監督やコーチの型にはめることが指導ではないと僕自身は思っています。

 

守備と攻撃に関しては、守備については原理や原則が存在するため、それについては的確な指導が必要です。

一方で、攻撃については、要はどんな形であれ、ボールを相手のゴールに入れて勝つことができたら何も問題はありません。

極端なことを言えば、DFがドリブルで一気に独走して点を入れたとしても、咎めることはできないのです。

攻撃については、日本代表選手や世界のトップリーグで戦う一流選手であっても、タイミングの違いについては指摘されるのですから、まだ学生のうちはタイミングがずれたとしても問題ありません。

それよりも、個性的であり、誰も真似のできない攻撃の仕方ができればその人はスター選手になる可能性が十分にあります。

 

だからこそ、僕は選手も指導者も、いろいろな形があって良いと思うし、強要せずにその人らしくやれることが一番力になると信じています。

 

僕自身、小・中・高のチームメイトやコーチたちは、基本的にみんなが思うようにプレイをさせてくれました。

だからこそ、僕にとってサッカーは自己表現の場所になったし、サッカーを大好きでい続けることができたのだと思います。

 

僕は、このHAJAXSで皆さんと一緒に成長させてもらう機会を頂きました。

 

「Jリーガーではない川原周剛」を見つけるには、もしかしたら時間が必要かもしれません。

しかし、20年間岡山のサッカーの未来のことを思って活動されてきた花田GMの思いを継いで、ファジアーノと共にサッカーと岡山に恩返しをする目的を忘れなければ、それはいつかきっと見つかると信じています。

© 2017-2019   TAJOXS.Inc