金光 栄大 コーチの紹介

僕の人生で一番サッカーに自信を持っていたのは小学5年生の時です。
花田GMと出会った瞬間でもありました。


当時、小学生チーム・ピナクルで、現在サンフレッチェ広島で活躍している青山選手もいた中で、キャプテンを任命されたからです。
正直、5年生の時にはダントツで上手だったと思います。

「サッカー楽しい!」
 

心からそう思っていました。

しかし、中学生になり、HAJAXSに所属してからは一気に自信が喪失しました。
周りの身長が伸びる中で、僕は身長が伸びるのが遅い方だったのでどんどん抜かれていき、身体的なところでのハンディを痛感するようになったからです。

「かつてキャプテンだった俺が、みんなに負けている・・・」

 

それを認めたくなくて、チームメイトをけなすような言葉を使って当たり散らしていたのを今でも思い出し、反省しています。
そんな僕に、試合のチャンスが巡ってこないのは今だから理解できます。

その上、体が小さい上に筋力もつきにくかったので、ボールが思ったように飛びませんでした。
 

当時の花田監督にも、
「金光、君は視野が広いし、ドリブルは上手い、だけど、最後のシュートが決められないのが致命的だ」
と言われ、悔しい思いをしました。

でも、僕はもともと負けず嫌いな性格です。

3年間、毎日練習の1時間前にグランドに行き、ひたすらボールを狙ったところに当てる練習をし続けました。

 

「いつかきっとできるようになる」

それだけを信じて、トレーニングとトレーニング前の練習も1日も休みませんでした。

中学3年間では思ったように飛ばなかったボールですが、高校生になった時にその努力は形になりました。
身長が伸び、筋力がつくようになったことで、狙ったところにボールを飛ばせるようになったのです。


あの時に、「僕はサッカーが向いていない」と思い込んで諦めなくて本当に良かったです。

 

そして、大学を卒業後、ファジアーノ岡山に入団したのですが、その時に言われた一言が、僕が指導者を目指そうと思ったきっかけになっています。
 

その言葉は、
「チームは全員を幸せにすることができない」
というものです。

一人一人みんな幸せの形は違うので当たり前のことかもしれません。
「でも、みんなが幸せだと思うことが違うからこそ、サッカーで幸せになることはできるんじゃないか?」
そう考えるようになりました。

まだまだ僕は、選手たち全員をそう感じてもらえるような指導ができているとは思いません。

ですが、それを諦めることなく目指し続けようと思っています。

 

僕は中学時代、HAJAXSの選手だった時に悔しい思いをたくさんしました。試合にたくさん出られた訳ではありません。

その一場面だけ見たら、僕のことを「幸せには見えない」と思う人もいるでしょう。

 

しかし、僕はHAJAXSとしてチームが勝つために本気で考えて、チームメイトと怒鳴り合いや取っ組み合いの喧嘩をしたり、勝った時にはみんなで泣きながら大喜びしたり、チームが負けて一緒に肩を抱いて泣いたりしたことは幸せな時間でした。

 

試合に出た時、ピッチで応援する家族の姿を見つけた時には、ほんの少しの出場だったとしても誇らしかったです。

そして、ファジアーノ退団後、これからの人生を考えた時に「指導者をやらないか?」と、うまくいかなかった中学3年間ずっと見守ってくれた人生の恩師である花田GMから誘っていただきました。

 

小さい時はやんちゃで落ち着きがなく、末っ子長男で甘やかされてきた僕を変えてくれたのはサッカーです。

サッカーを続けたいと思ったからこそ、周りをひがんで人のせいにしてしまう自分では誰も必要としてくれなことを感じたし、サッカーを通して色々な感情を知ったことで他人のことを考えるようにもなりました。

 

サッカーがなければ、自分を変えようなんて思わなかったと思います。

 

スポーツの世界では、全員が自分の希望通りの結果が得られるわけではありません。

ですが、試合に出ていなくても、うまくいかない時があったとしても、最後には「サッカーをやっていて良かった」と思えるような3年間を一緒に送れるように、そばに寄り添って一緒に成長できる指導者でありたいと思っています。

そしていつの日か、人生の恩師である花田GMが、安心して後を任せてもられるような頼れる人間を目指していきたいです。

© 2017-2019   TAJOXS.Inc