TAJOXS7つの価値

詳 細

​画像をクリックすると詳細が確認できます。

1:ビジョントレーニングを導入している

ビジョントレーニングとは「みたものを瞬時に判断する」「イメージする力」に関するトレーニング法です。オリンピック選手や一流アスリートが必ず取り入れるのが、このビジョントレーニングです。

ビジョントレーニングは、集中力や運動能力向上には欠かすことができません。

 

なぜなら、一瞬の判断を正しくすることができるようになるからです。

 

例えば、ボールが飛んできた時に、ビジョントレーニングをした場合としてない場合では見え方が大きく変化します。

その理由は、同じように視覚にボールが入ったとしても、ビジョントレーニングをしていない場合は視覚から入ったものを捉えているようで視点が定まっておらず、反応が遅れます。

一方で、ビジョントレーニングをしていると、視覚で捉えてから認識、判断までの時間が格段に上がります。

 

それだけではありません。

 

イメージする力がつくことで、飛んできたボールがどのような位置でどれくらいのスピードなのかが想像できるようになるため、手を伸ばすべきなのかジャンプをするべきなのかが判断しやすくなります。

 

また、ビジョントレーニングのメリットはスポーツだけではありません。

トレーニングによって、高い集中力が養われます。

集中力はスポーツだけでなく、勉強や仕事などスポーツ以外でも役立ちます。

 

このように子どもたちの能力を飛躍的に伸ばすビジョントレーニングは効果的かつ簡単な方法をお伝えして、ご自宅でも実践できるようにしていきます。

2:自律神経トレーニングを導入している

「自律神経を鍛える」という言葉は聞き覚えのある言葉ではないでしょうか。

 

自律神経のトレーニングを行うことは、アスリートにとってメリットばかりです。

 

なぜなら、自律神経は心臓の動きや呼吸など、人間が気づかず無意識に行っている行動なので、それを意識して行えることで、精神を安定させるだけでなく、どのような状況になっても効果的に体の動かし方を実践できるようになるのです。

これは、サッカー以外も有効活用できます。

 

近年自律神経については、たくさんのトレーニング方法が提唱されていますが、具体的かつ効果的なトレーニング方法を多くの指導者は知りません。

ですが、自律神経を安定したり、鍛えたりするためには医学的、科学的根拠が必要です。

 

そのため、TAJOXS直営スクールでは、自律神経第一人者と言われている医師から指導を受けたトレーナーが生徒様を指導させて頂きます。

3:人間性を成長させる

「スキルや体力はもちろん前提として必要だ。しかし、一番大切なものはその人の持つ人間性である」

これは、世界や第一線で活躍するようなプロのアスリートたちが口を揃えて言う言葉です。

 

スキルや体力はトレーニングで自分一人でも努力すれば身につけることは可能です。

しかし、人間性は一人では身につけることができません。

実際、多くのアスリートがセカンドキャリアにおいて挫折する点が人間関係を構築しにくいことが挙げられます。

 

アスリートの世界は結果が全てです。

このため、能力値がずば抜けて記録を出せたり、サッカーで何点も稼ぐことができる場合は態度が横柄であってもその時にはもてはやされます。

 

ですが、怪我等で引退せざるをえない状況になった場合や自分と同じような能力の選手がいた場合はいかがでしょうか。

 

そうなると、コーチや監督は横柄な態度をとったり、すぐにトラブルを起こしたりする選手を起用しません。

もし同じような能力の選手がいて、その人からひたむきさや素直さ、チームの和を大切にする人であれば迷いなくそちらを採用します。

 

つまり、長くアスリートとして、サッカー選手として活躍するためには、『選ばれる人間になる』ということが重要なのです。

 

人間性を高めるために、スクールでは自分が置かれている環境を振り返ることから始めます。

 

サッカーの練習に来ることができる自分の体の健康、応援してくれている保護者、一緒に練習してくれるチームメイト、教えてくれるコーチの存在、それらは当たり前のものではありません。

 

礼儀や挨拶など基本的なところから指導を行い、誰からも好感を持たれるような人間性を育てていくことを目標にしています。

4:最新テクノロジーを導入している

オリンピック選手をはじめとする一流のアスリートが導入しているバイオコム社の自律神経測定器を導入しています。

 

自律神経を測定することにより、定期的に子どもたちのコンディショニングの調整を行うことが可能です。

 

効果的なトレーニングを行うには、心と体が両方とも安定している必要があります。

測定を行うことより、トレーニングのメニューを子どもたちの特性により変更を行えます。

 

皆が一律に同じトレーニングのみをする時代は終わりを迎えようとしています。

 

なぜなら、最大のパフォーマンスを発揮するためには、その人の心と体が両方とも安定していなければ意味がないからです。

したがって、サッカーの基本動作や体力作り以外で、ストレスを感じ続けるようなトレーニングをしてもその子の才能を伸ばすどころか、サッカー自体が楽しくなくなってしまう恐れがあります。

 

最新テクノロジーを導入することには意味があります。

それは、子どもたちの才能を飛躍的に伸ばすために、その子のベストの状態を数値的に表すことにあります。

 

スクールでは自律神経測定器を皮切りに、スポーツドクターや教授たちと協同して子どもたちのパフォーマンスアップにつながるテクノロジーを導入してまいります。

 

それは、「サッカーをやってみよう」「サッカーって楽しい」と思ってスクールに通ってくれた子どもたちに楽しさや成功体験を作りたいからです。

5:特待生コースがある

現代では、様々な家庭環境、経済状況により、サッカースクールに通えない子どもたちも大勢います。

スクールに通うためには、月謝だけではなく、遠征費や用品代などサッカーに関わるすべてにお金がかかってきます。

 

しかし、サッカーに対する思いがあるならば、子どもたちや保護者にそれを諦めてほしくはありません。

 

そこで、株式会社TAJOXSの直営スクールでは特待生コースを設けています。

これは、春と秋に試験を開催し、試験に合格した子には年会費、月謝、スポーツ保険料、遠征費、用品代全てを会社で負担させて頂きます。

 

ただ、試験は技術だけではありません。

スクールで大切にしている人間性を見るための特別なテストを受けて頂きます。

 

スクールコーチの多くは、元Jリーガーです。

コーチ自身が、本当にたくさんの方から応援されて今があります。

その恩返しを子どもたちにさせて頂けましたら幸いです。

6:元Jリーガーにも指導してもらえる

元Jリーガー(プロ)に指導をされるメリットは、効果的な技術や戦術を教えてもらえることだけではありません。

一番はプロとしての「経験」を教えてもらえることです。

 

どんなに素晴らしい技術や戦術だったとしても、試合の中で効果的に使えなければ机上の空論になってしまいます。

それでは意味がありません。

 

また、プロの中に身を置いていたからこそわかる、養うべき力があります。

それをコーチ達は、練習を通して伝えています。

このような経験は実際にプロとして活躍していなければわからないことです。

「プロになりたい」と願うならば、その夢に近づけるためには、元プロに教えてもらうのが最短距離だと言えます。

7:専門トレーナーがいる

スポーツにおいて、怪我はつきものです。

どんなに素晴らしい能力を持った選手であっても、たった1回の怪我が致命傷となり、引退をせざるをえない状況になることもあります。

また、一度怪我で練習できない期間ができると、体力が落ち、練習についていけなかったり、試合に出られなくなったりすることも珍しくありません。

 

つまり、怪我をしたとしても、なるべく早く練習に復帰する必要があるのです。

 

ですが、痛みがあるうちに練習に戻ったとしても意味がありません、

無理をして練習に戻り、さらに他のところを痛めてしまう可能性があります。

 

そのため、怪我を医学的に正しく対処できるトレーナーが必要です。

株式会社TAJOXSのスクールでは、医学博士に教えて頂いたトレーナーが在籍しています。解剖学、生理学に基づいた怪我から復帰できるようにメディカル的なスパの経営とコーチの育成にも力を入れています。

 
 
 
 
 
 
 

© 2017-2019   TAJOXS.Inc